タイヤ電池

Home > タイヤ電池®

『タイヤ電池』プロジェクト始動

エコロジー、リサイクル、サステナビリティー(持続可能)が、全ての会社に要求される時代となりました。

2012年から本プロジェクトは、使用済みタイヤを活用し、高容量蓄電池を低コストで造ることをテーマに、研究を行って参りました。

そしてついに、使用済みタイヤの熱分解残渣物から蓄電池の電極素材(正極材・負極材)を、低コストで製造する技術を解明しました。

しかも、使用済みタイヤの30%~50%が電極素材となり、残りの成分は地上資源やエネルギー源として再利用できます。

日本では、国家戦略として2020年までの蓄電池の方向性と、2030年へ向けた革新的蓄電池開発を重点項目に掲げ、関係機関や関係企業で盛んに研究が行われておりますが、安全性・効果性の観点から、全てバージン原料を中心とした研究になります。

本プロジェクトのような、持続可能なリサイクル原料を使用した例はありません。

タイヤ電池 モデル1号

2016年
タイヤ電池® モデル1号 誕生

使用済みタイヤを再利用して電極材を制作

100Whクラスの容量を誇る2次電池

役割を終えた使用済みタイヤに、次なるエネルギー社会を支える『タイヤ電池®』という、究極の姿のリサイクルをご提案させていただきたく、タイヤ関連事業者のご協力を得ながら、タイヤのエンドレスなビジネスモデルを創造・構築して参ります。

また、タイヤ業界に関連する企業様にご参加いただくための『タイヤ電池®』プロジェクトの創設準備委員会も検討しております。進捗にあわせてご案内させていただく所存でございますので、宜しくお願い申し上げます。

なお、本プロジェクトの事業所(事務・製造)は東京炭素工業株式会社、研究・開発は株式会社ルネシスになります。日本の明るい蓄電池ビジネスのスタートを、皆様と進めて参りたく、ここにご挨拶申し上げます。

『タイヤ電池』プロジェクトの関係図

ページのトップへ